コロナ時代のウェディング

コロナはもしかしたら、これか先も、インフルエンザなどの季節性の感染症として、

一生付き合っていくのかもしれない。


ウェディング業界にも、コロナと付き合いながら、

お二人の門出を祝う、「NEW ノーマル」が必要である。


ブライズシーンでは、感染症対策(スタッフの検温、手洗い、消毒、飛沫飛散対策等)をし、

会場では、1日1組限定の挙式にこだわり、プロデュース致します。


大きなホテルなどでは、1日に最大4組の挙式を回すことなどがありますが、

ブライズシーンでは、【1日1組限定】


これは、コロナ対策という観点から見ても、

感染防止に最大限努められる点や、

新郎新婦、列席者の皆様が、他の方との接触を避けられるようになることにも繋がります。


ブライズシーンの取り組む「NEW ノーマル」には、列席者様のリモート参列もご手配可能です。

コロナの影響で、ウェディング業界が唯一、良かった点は、

リモート、バーチャル、オンラインという言葉が定着したことにあります。


今まで、どうしても参列したい挙式が所要や、遠方のためといった、

参列できなかった人々を、オンラインで繋ぐことが出来るようになりました。


一番、喜ばれたことは、「寝たきりになってしまったおばあちゃんにリモートで挙式をみてもらえるかもしれない。」

というお言葉をもらった事です。


コロナは時間と空間を縮めてくれたのかもしれません。。



結婚式は、様々な年代の方が、様々な地域から集まるイベントです。


細心の注意を払い、感染防止に努め、安心して、新郎新婦様が

挙式を迎えられるよう、務めて参ります。



結婚式は常に変化し、皆様一人一人の形を叶えるために

ウェディングプロデュース会社が存在します。


どんな挙式も世界でたった一つ


9回の閲覧0件のコメント